もう湿気は気にならない!水なしアロマディフューザーで快適空間が作れます。

梅雨、気になる湿気。従来の市販のアロマディフューザーは水を使用するためどうしても湿度が上昇します。そこで、最新の水を使用しないアロマディフューザーなら、快適空間がつくれます。香りもしっかり広がって、管理の手間も少ないので一度使用したらきっとお気に召られるでしょう。今日は水なしディフューザーの魅力をご紹介します。

従来のディフューザーのお悩み

  • 香りがうすい気がする
  • 思った香りと違う
  • 水分で湿度が高い・・・

 
こちらは、水を使用するタイプのアロマディフューザーを使われている方から寄せられるよくあるお悩みです。

気持ちよく過ごすためにディフューザーでアロマをたいたはずなのに、これではなんだか残念な気持ちになってしまいますよね。

そこで!これまでのお悩みをすべて解決する最新のアロマディフューザーをご紹介します。
 

アロマディフューザーの種類
とメリット・デメリット

従来の水を使用するタイプ

水の中にエッセンシャルオイルを加えて使用するタイプ。

メリット

価格が安価、手軽
デザインの種類が豊富
香りがやわらかい、ほのか
ミストが綺麗
 

デメリット

香りの持続時間が短い
すぐに香りが薄くなる
十分に香りが広がらないことがある
湿度が高くなる
雑菌が繁殖しやすく不衛生になりやすい
毎回、お手入れが必要
洗浄しても機器に香りが残ることがある

最新の水なしタイプ

原液のエッセンシャルオイルを加えて使用するタイプ。

メリット

理想の香りが続く
長時間、連続で使用できる
ムラなく香りが十分に広がる
管理の手間が少ない
 

デメリット

価格が高め
市販で販売されていない
種類が少ない
オイルの消費量が多い

 

デザインも性能も満足できる
最新の高級アロマディフューザー

2~4人のリビング、書斎などの小規模スペースにAromax

 
こちらは、6~30畳ほどの空間に使用できます。
エッセンシャルオイルをそのままディフューザーに注いで、ボタンを押すだけ!
空間に香りを広げる噴霧量はダイアルやボタンで直感的に操作ができます。
お手入れも1~2週間に一度で十分なので、手間もかかりません。

 

広めのリビングや広い空間全体に香りを広げるならAroslim

 
6~100畳ほどの空間で使用できるスタイリッシュなアロマディフューザーです。
特許のあるコールドエアディフュージョンの技術で、本来の香り成分のまま空間に拡散できるため理想の香り空間を実現します。

スタイリッシュなデザインと高級感のあるアルマイト素材でモダンにも、クラシカルにも調和するインテリアとしても申し分ないディフューザーです。

2~3か月に1度のオイルのボトル交換のみで使用できます。
その他のお手入れは不要です。

 

 
使用方法や設置場所のご相談は、対面やzoom、お電話等で承っております。
オイル選びも、迷われたらお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせ窓口

お電話:03-4500-7575
お問い合わせ

    

  

何かと憂鬱になりやすい梅雨時期ですが、素敵な香りに包まれれば気持ちよく快適に過ごせます。
ぜひ、香りの力に頼ってみてください。

      

*こちらに記載されたお名前、メールアドレス、内容は非公開です。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご感想(必須)

Mai 代表

Mai 代表

香りで暮らしに革命を起こす。驚きとやすらぎの創造。社会のためにお仕事を頑張る方々のお力になれるような情報を発信しています。 好きな香りは、ローズ、ネロリ、ベルガモット、ローズマリー。 幼少期からハーブに囲まれた生活をする。看護師として、統合医療の研究やアロマセラピーやアーユルヴェーダを学び、2015年からアロマサロン・スクール、オンラインショップを運営。

関連するコラム

TOP
再入荷お知らせメール登録 こちらの商品につきまして、メールアドレスをご登録いただくと商品入荷の際、その旨をお知らせいたします。メールアドレスを入力して、登録ボタンをクリックしてください。