【今日もお疲れさま】ふわとろ美味しい!しあわせフレンチトーストの作り方

今日もお疲れさまでした。フレンチトーストは、お好きですか?どんなときでもしあわせにしてくれるフレンチトースト。心も満たされ、脳疲労にも効いてる気がします。今日は、少ない材料で、ふわっふわにつくれる基本の美味しいフレンチトーストをご紹介します。朝食に、ブランチに、おやつに、深夜のこっそり贅沢TeaTimeに、おたのしみあれ♪

 

動画で作り方をチェック♪

 

フレンチトースの作り方

材料(トースト2枚分)

・たまご1~2個
・牛乳150ml
・砂糖 お好みの量
・バター1欠片

●必要な道具
・ボウル
・泡立て器(フォークでもOK)
・フライパン
・計量カップ

 

作り方

1.たまごをわり、砂糖を加え、よく混ぜ合わせます。

砂糖の分量は、お好みで。スプーン2杯で甘さ控えめなフレンチトーストになります。
あまあまのフレンチトーストにしたいときは、スプーン5杯ほど入れてもいいくらい。

砂糖が底に沈むので、底からしっかり混ぜ合わせるのがポイント!

2.牛乳を計量カップで150mlはかり、1のボウルへ加えます。

よく混ぜ合わせます。

 

3.カットしたパンを浸します。普通の食パンの場合は、浸透しやすいように数カ所パンにフォークをさすと◎

両面、5分ほど浸すとよいです。時間に余裕があるときは、両面浸して、冷蔵庫で一晩寝かしても美味しい!!
パンの種類によっても浸透の速度に違いがあります。
目の粗いパンは、短時間で。決めの細かいパンは、ゆっくり時間をかけて。

 

4.フライパンを温めます。バターが焦げないように弱火で、じっくりと。

 

5.焼く直前に、中火にします。バターが焦げないように様子をみながら、手早くパンを並べます。
並べ終えたら、すぐに弱火に。一瞬、中火にすることで、うまみを閉じ込めて、中がふわとろに。

 

6.焼きが足りないかな?くらいで、裏返します。

7.中まで、火が通ってほんのりきつね色に色づいたら完成☆

はちみつやメープルシロップをとろりとかけても美味しい。
グラニュー糖をパラパラしたら、フレンチトーストのとろ〜り食感とお砂糖のつぶつぶ食感がはじけるしあわせ。

 

今日は、このままシンプルにふわとろフレンチトーストをいただきます。

 

 
今週もあと少し!
また明日も、良きお仕事ができますように^^
  
   

*こちらに記載されたお名前、メールアドレス、内容は非公開です。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご感想(必須)

Mai 代表

Mai 代表

香りで暮らしに革命を起こす。驚きとやすらぎの創造。社会のためにお仕事を頑張る方々のお力になれるような情報を発信しています。 好きな香りは、ローズ、ネロリ、ベルガモット、ローズマリー。 幼少期からハーブに囲まれた生活をする。看護師として、統合医療の研究やアロマセラピーやアーユルヴェーダを学び、2015年からアロマサロン・スクール、オンラインショップを運営。

関連するコラム

TOP
再入荷お知らせメール登録 こちらの商品につきまして、メールアドレスをご登録いただくと商品入荷の際、その旨をお知らせいたします。メールアドレスを入力して、登録ボタンをクリックしてください。